おまたせしました。つーても待ってた人っていんのかなぁ。第1回目で毎週やるとか豪語したはいいけどハッキシいって3ケ月だよ、おい。3ケ月も経てば季節は変わるは、プロ野球は終るは、クロトはでかくなるは、そりゃCDもたくさん出ました。そんなワケで先ちゃんこと江口寿史、徳さんこと徳丸真人、このワガママオヤジ二人が長〜い(っても3ケ月ってスゴ早いっす)沈黙を破って再び熱くロックを語ります。

E: じゃ、久しぶりに始めますか。久しぶりすぎないか?ちょっと(笑)。前回やってからもう2カ月?
T: いやもう3カ月じゃない?間、空きすぎ(笑)。
E: 前回は長すぎたからねぇ。あれで、燃えつきた(笑)。もっと1回を短くして、サクサク更新してこうよ(笑)。
T: そだね。今回はキチンと反省して、「脱線しない」、「短く簡潔に」、「ポイントをはずさない」、これがテーマ。
E: んじゃ、やろ。
T: 先攻、後攻、どっちから?
E: ジャンケンしよか。
E&T ハイ、ジャンケンポン!!あいこでショ!(爆笑)
T: (苦笑)。あいこまでして何やっとんじゃ、俺達。はー。じゃ、ワタシが先攻ということで。まずは2カ月ぶりなんで、イロイロ仕入れた中から、まぁ厳選したっちゅう訳じゃないんだけど、なんとなく気分的にフィットするものを持ってきました。はいコレ。王道です。「ザ・ベスト・オブ・アズテック・カメラ」。あっ、これ、江口さんも持ってきたんじゃない?
E: うん、これはもちろん俺も買ったけど、そっちが持ってくるだろうと思って俺はあえて持ってこんかった。
T: だろうと思った。だから俺も邦楽ぜんぜん入れてないから。
E: なんとなくね(笑)。お互いの役割分担みたいなのが(笑)。
T: まぁ、でもそういう振り分けはねぇ(笑)。
E: あんまり意識しなくてもいいか。ダブッても。
T: うん。いいと思うよ、ダブッても。じゃ、二人のおススメということで、アズテック・カメラですけども、ロディ・フレイムって、気がついたらすっげえ長く活動してるけど、ベスト盤って初めてなんだよね。
E: そうね。言われてみれば。
T: なんか、出てたみたいな感じじゃん。ホラ、オリジナル盤以外でボコボコ出てるじゃん。あれって考えてみれば、編集盤ばっかりなんだよね、シングル曲だけ集めたのとか、リミックス集とかね。
E: そうだね。正規のベスト盤は初めてだ。
T: そう、初のオフィシャルのベスト盤がやっと出ました。で、これを持ってきたのは当然、「アズカメいいから聴きなさい」っていうのがあるんだけど、もうひとつあってね。ホラ、いろんなアーティストがベスト盤出してるけども、ベスト盤ってさぁ、出したその時その時の、アーティストの好みってのが出るワケじゃん?
E: ふんふん。
T: で、俺も江口さんもアズカメ大好きなんだけれども、江口さんはどの頃が好き?
E: 俺は当然、1st2ndの頃が大好きだけど、3枚めの「LOVE」だっけ?あの辺も、ちょっと違う感じになってきたけど、けっこう好きなんだよね。でも4枚めの「ストレイ」から全く離れちゃったなぁ。
T: それ以降は全部ダメ?
E: 坂本龍一がプロデュースしたあたりからはまた、ちょこちょことねぇ・・・・
T: 「ドリームランド」ですね。
E: うん。でも前ほどにはねぇ。ただ、1stと2ndはもう、今でも大好きだけどね。我が心の(笑)。エバーグリーン(笑)。
T: 確かに。たぶんそういう人、多いんじゃないかな。アズカメ好きな人っちゅうのは。
E: ネオアコファンの基本だから。
T: そうだね。ほら、フリッパーズ・ギターが語られる時、彼等がアズカメに影響受けてるのはもう、周知の事実なんだけど、フリッパーズの1枚め、2枚めってのも何かそんな感じじゃない?デビュー盤でグワーツときて、2枚めでもう金字塔うち立てて・・・って、アズカメもそうじゃん?
E: そうだね。20歳そこそこでそれやったのも同じ。
T: で、「LOVE」や「ストレイ」あたりで打ちこみ系の音になってって、で、しばらく間をおいて、坂本龍一プロデュースの「ドリームランド」出して。
E: で、その後、またちょっと間が空いたんだよね。95年に「フレストニア」出て、去年はなんとロディ・フレイム名義のアルバムが出てね・・・あれなんか昔の雰囲気に戻った感じでよかったな。なんか、ひと回りした感じだよね。
T: うんうん、あれ良かったね。で。やっと本題に戻るんだけど(笑)。たいがいファンは1、2枚め好きじゃん。俺もそうだし。しかし!!彼が選んだのは、決してそうじゃなかった!(少し興奮)
E: (笑)。そうだね〜。少ないよね〜、1、2枚めからの曲。
T: 少ない!で、あろうことか後期のも少ないんだよぅ!なんと「LOVE」と「ストレイ」あたりからのがやたら多い!俺ぁ、納得でき〜ん!(まだ興奮)
E: (同情してるフリしつつ)多いね(笑)。
T: う〜ん。ロディ・フレイムがヘソ曲がりなのか、ワザとその辺を狙ったのか、本人の好みによるものなのか、それともレコード会社の意向なのかさっぱりわからんけど、「LOVE」あたりの中期からに偏ってるなと。(冷静さを装いつつ)そのあたりの不思議さを言いたかったんですワ。
E: それ、あれかなぁ、アメリカ向けとかそういうの意識してんのかなぁ。あの辺結構AORっぽいつーか、わかりやすげな曲多いじゃん?
T: ハイハイハイ。あんのかなぁ。
E: けど俺ねぇ、「LOVE」に入ってる「HOW MEN ARE」って曲メチャメチャ好き。
T: ふんふん。
E: 俺はワリと、この選曲、好きなの入ってたなぁ。
T: いや、だからさ、曲的にはいいんだよ。曲単位では。けどホラなんちゅうの?ファン心理としてさぁ、自分の好きなアルバム、ましてやそのアーティストの代表作と思ってるアルバムを、アーティスト自身も好きであって欲しいってトコあるじゃん?だから当然もっと、1、2枚めからも選んでくんなきゃ困ります。淋しいっス。なんか裏切られた気持ちっス。
E: うーん。でもまあ、そうだなぁ・・・例えば俺が今、自分の漫画のベスト版選ぶとしても、「パイレーツ」や「ひばりくん」は入れないと思うしなぁ。なんかホラ作者にしてみれば、自分もずっと成長してるって意識あるし、初期の作品の事ばっかし言われるのもさ・・・それだけが俺じゃないぜってとこは、あるんじゃないかなぁ。
T: あー。創り手の意見だねぇ。でもあのね、俺的には1、2枚め、当然好きです。ですけれども、坂本龍一のからんだ「ドリームランド」もすげえ好きなんよ。教授らしいあの音質、音空間。ロディ・フレイムの瑞々しさにピッタリはまったプロデュース。なのに、ここからもほとんど選ばれてないです。淋しいっス。
E: そうねぇ。確かになんか売れ線っぽい曲多いよね。やっぱレコード会社の陰謀かね。「ドリームランド」の曲って、わかりずらくはないけど、決してキャッチーじゃないからねぇ。
T: 選ばれてるのは、シングルになった「スパニッシュ・ホーセズ」のみです。それ以外にも佳曲が揃ってたんだけどなぁ。残念っス。
E: まぁまぁ、いつまでもダダこねてないで。なんだかんだ言ってもこれ、いいアルバムじゃないですか。秋の夜長にジンワリ染みる、ねぇ?
T: うん。アズティック・カメラを知らない人にはこれはもう、入門編として大変便利な1枚だから、買って損はないです、と。しかし(笑)。1発目でこんだけ喋ってりゃ世話ないわ。懲りないねぇ俺達(笑)。
E: やー、やっぱアズティック・カメラとなれば語らんワケにはイカンでしょ。
T: んなこと言って、次のも結局長くなったりして。ちょっと不安になりつつ、江口さんの、いってみる?
E: いきましょう(笑)。なるべく簡潔に、でしたね(笑)。俺の方の1枚目は今回、洋楽です。邦楽の先ちゃんとしてはめずらしく(笑)。えーと、これなんですケド、「パールフィッシャーズ」というね・・・
T: なに?パール兄弟?(笑)。パールフィッシャーズ?何ソレ、知らんぞ。
E: あのさ、前回、キリンジの事話したじゃん。もうすぐ出るアルバムが楽しみです、って。で、それが出てですね、期待を裏切らず良かったんです。で、それは今回はいいんだけども、このパールフィッシャーズのCDのライナーにね、そのキリンジの二人がコメントを寄せてるんですわ。「彼等のメロディは僕等のツボにはまりまくりでバッチリです」みたいなね。ライナー先に読んでさぁ、期待したねぇ俺は(笑)。洋楽久々のヒットかぁ?みたいなね。
T: うんうん、それで?どうだったの。
E: あのさ、キリンジの方が良いんですよこれが(笑)。キリンジのメロディの方がはるかに上。
T: なんじゃ〜ぁ!(笑)
E: でさでさ、この人達、ブライアン・ウィルソンとプリファブ・スプラウトが好きなんだってさ。
T: ええ〜っ!?
E: ライナーをさらに読むと、むこうのプレスには「ポール・マッカートニーが結成したプリファブ・スプラウト」と言われているらしい、と書いてあって。そう言われればさ、買わない訳にはいかんでしょ!
T: (笑)いかんでしょー。
E: それで、ワクワクして聴いてみたら、まぁ、悪くないんだ。悪くないんだけど、期待した程じゃないんだよなぁ。作曲能力に関しちゃ、キリンジの方がぜんぜん勝ってるんだもん。
T: どこのバンド、それ?
E: イギリスみたいよ。ティーンエイジファンクラブの奴とかも参加してるし。
T: え〜?何ソレ。なんか本当俺等の好きな要素ばっかじゃん。それはソソられるわ、確かに。
E: ちょっと聴いてみる?この5曲め聴いてみて。笑うよ。メロディがあまりにもプリファブで(笑)。
T: うん。聴こう聴こう。5曲めですね。

   (曲が流れ始める)
T: モロだね。
E: モロでしょ(笑)。だいたい全編こんな感じで、間になんちゃってビーチ・ボーイズ風のインストが入ってね。
T: 確かにモロ影響受けてるけど、ちょっと音がショボクない?
E: ショボイ(笑)。
T: ポール・マッカートニーが結成したプリファブ・スプラウトっちゅーのはホメすぎだって(笑)。ダサイじゃんホラ、ここら辺のキーボードの音の入り方!
E: (笑)。でもさぁ、レコ屋のポップにブライアン・ウィルソンとプリファブ・スプラウトが好きなバンドって書いてありゃあさぁ・・・
T: 買うよね(笑)。俺も買うわ、きっと。そうやって結局また、ポップに騙されたワケね(笑)。
E: うーん、コレは騙されたとまでは言わないけど、こんな程度じゃ、まったく盛り上がらんなぁ。
T: まぁ、人の良さそーなポップソングではあるわな。
E: でもキリンジの方がやっぱりイイと。やっぱり邦楽の方が面白いぞ、と。今の洋楽は盛り上がりに欠けとるぞ、ということを言いたかったんだけど(笑)。
T: 確かに洋楽は、俺の方も停滞してた、ここんとこ。だけどね、フフフ。見つけたんですよ今回!久々の目玉。大目玉を。
E: えっ、何それっ?
T: フフフ、それはね・・・

(1999.9.8 寿スタジオにて)

 と、まるで連載漫画のような、この引きはどうだ?自信たっぷりの徳さんの隠し玉とはいったい何?波乱を呼ぶのか第3回?につづく!乞うご期待!!(更新はいつされるのか?)